バンドのオリジナルTシャツ

販売も可能なバンドTシャツ

2016年11月29日 19時03分

有名なバンドの中には、オリジナルのバンドTシャツを作って販売しているところもあります。中には、毎年のように新しいTシャツを作って販売していたり、ツアーがある場合はツアー用のTシャツを別に作って会場で売ったりしているバンドも存在します。もちろん、それはバンドの中でも一握りの有名どころの話になりますが、アマチュアバンドの中にもTシャツを販売しているところがあります。
 
バンドがある程度成長してくると、ファンも少しずつ増えていくことになります。そのファンに、バンドのメンバーと同じデザインのTシャツを着用して応援してもらうことによって、さらに演奏に熱が入ります。対バンでのライブなどでは、自分たちのバンドのTシャツを着ている人を見ると、自分たちのファンだということでモチベーションが上がり、それが良いパフォーマンスにつながります。
 
バンドがさらに成長すると、今度はメンバーごとにTシャツを作ったりすることもできるのではないかと思います。全く同じデザインでプリントする名前を変えてみたり、または思い切ってデザインを全面的に変えてしまったりするのもよいのではないかと思います。しかし、やはりそれはバンドがある程度有名にならないと難しいのではないでしょうか?
 
まずは、メンバーが本番に着用するTシャツと同じデザインのものを販売するのが良いのではないかと思います。メンバーでステージ衣装がおそろいの場合であっても、通常は4,5人のバンドであることが多いですので、大量のTシャツが必要ということはないと思います。そうなると、1枚当たりの単価が高くなってしまいます。
 
しかし、販売目的も含めて作るのであれば、一度に大量発注することも可能です。メンバーが1人当たり2,3着もらい、残った分を販売に回してみましょう。うまくいけばTシャツ作成費の元を取ることができるかもしれませんし、予想以上に売れた場合は追加発注をするところまで行く可能性もあります。
 
仮になかなか売れなかったとしても、売れない分はメンバーの予備用のTシャツとして保管しておくことができます。1000枚や2000枚頼んでしまうと在庫がかなりのものになってしまうかもしれませんが、50枚や100枚程度であれば何とかなるかもしれません。どうせバンドでオリジナルのTシャツを作るのであれば、販売用のTシャツのことも考えて作成してみてはいかがでしょうか?