バンドのオリジナルTシャツ

バンドのオリジナルTシャツ

若者を中心に様々なバンドが形成されていますが、バンドのステージ衣装はどのようなものを取り入れていらっしゃいますでしょうか?バンドによっては、音楽性から奇抜なファッションでステージに登場したり、反対にきっちりとした格好をして演奏をするというグループもあるのではないかと思います。しかし、やはり最も人気の高い衣装として挙げられるのは、オリジナルのTシャツになるのではないでしょうか?
 
バンドにも様々なタイプのものがありますが、最もオーソドックスなパターンが、ボーカルの他に、ギターとベース、それからドラムと言った4人構成のものになるのではないかと思います。バンドによってはギターをさらに増やしたり、キーボードの担当がいたりと言ったところもあります。基本的には楽器を演奏することになりますし、様々なパフォーマンスをすることもあるのではないかと思います。
 
そのため、バンド活動では動きやすいTシャツが採用されることが多いのです。Tシャツは市販のものを利用するバンドも多いですが、最近はそのバンドのオリジナルのTシャツを作ってメンバーおそろいで着こなしているバンドも少なくありません。実際に、その方がステージ衣装という感じがしますし、どこにも売っていないオリジナルのものになりますので、限定感が出てよいのではないかと思います。
 
バンドが売れてこれば、そのステージ衣装をたくさん作って、CDなどと一緒にファンに売ったりすることもできると思いますし、そのTシャツを着てもらったお客さんがたくさんいれば、バンドのモチベーションもさらに高まるのではないかと思います。最初は予算内で作れるだけ作るのもよいのではないかと思いますが、将来的に売ることを考えてたくさん作ってしまうのもよいのではないかと思います。
 
しかし、バンドの初期の段階と売れ始めたころの感覚が変わっている可能性も高いです。最初は良いと思っていたデザインのTシャツであっても、時が流れると微妙だと感じるかもしれませんし、それよりももっと良いデザインを思いつくこともあるのではないかと思います。そのため、まずは必要最低限だけを作り、バンドの成長とともに新しいデザインをどんどんと作っていくほうが良いかもしれません。
 
何にしても、バンドでオリジナルのTシャツを作るのは、バンドメンバーのモチベーションの維持だけではなく、知名度のアップやバンドのブランド力向上などなど、様々なメリットをもたらします。もちろんTシャツ以外の衣装を取り入れているというバンドも多いのではないかと思いますが、手軽で誰もが着用することのできるオリジナルのTシャツの作成を考えてみてはいかがでしょうか?

オリジナルTシャツ